朗読の小部屋

第十五目

ジョバンニの切符(終)(銀河鉄道の夜)

作:宮沢賢治

一括で聞く

第十四目

ジョバンニの切符(銀河鉄道の夜)

作:宮沢賢治

一括で聞く

第十三目

鳥を捕る人.・ジョバンニの切符(銀河鉄道の夜)

作:宮沢賢治

一括で聞く

第十二目

銀河ステーション.・北十字とプリオシン海岸(銀河鉄道の夜)

作:宮沢賢治

一括で聞く

第十一目

ケンタウル祭の夜.・天気輪の柱(銀河鉄道の夜)

作:宮沢賢治

一括で聞く


第十目

活版所・家(銀河鉄道の夜)

作:宮沢賢治

一括で聞く


第九目

午后の授業(銀河鉄道の夜)

作:宮沢賢治

一括で聞く


第八目

徒然なるままに(徒然草)

作:吉田兼好

一括で聞く

現代語訳を聞く

アイリスの花言葉的意訳を聞く

第七目

ゆく河の流れ(方丈記)

作:鴨長明

一括で聞く

現代語訳を聞く

アイリスの花言葉的意訳を聞く


第六目

祇園精舎(平家物語)

作:信濃前司行長(不確定)

一括で聞く

現代語訳を聞く

アイリスの花言葉的意訳を聞く


第五目

春はあけぼの(枕草子)

作:清少納言

一括で聞く

現代語訳を聞く

アイリスの花言葉的意訳を聞く


第四目

元日

作:夏目漱石(昭和四十三年元日)

一括で聞く

第三目

耳無芳一の話

作:小泉八雲(昭和十二年一月十五日)

一括で聞く

第二目

走れメロス

作:太宰治(昭和十五年五月)

古伝説と、シルレルの詩から、とはドイツの詩人・シラーの譚詩「人質」を題材に扱ったところによる。

上(煌乙)

中(杜若由布也)

下(チャオ・ササキ)


第一目

蜘蛛の糸

作:芥川竜之介(大正七年七月)

一括で聞く